シュローダー、英国のソーラー・ポートフォリオを約1,300億円で取得

シュローダー、英国のソーラー・ポートフォリオを約1,300億円で取得

1月25日、世界的な投資運用会社シュローダー・グリーンコートの再生可能インフラ投資部門は、英国で稼働中の53の太陽光発電所から成るトゥーカン・エナジーの太陽光発電ポートフォリオの大半を買収すると発表した。

約7億ポンド(約1,300億円)と評価される本ポートフォリオは、イングランド、ウェールズ、北アイルランドで合計513.5メガワットのピーク電力(MWp)を持ち、約18万4000世帯に相当する電力を供給する。

両社によると、買収契約は、トゥーカン・エナジー・ホールディングス1社の共同管理者であるインターパス・アドバイザリーによる競争入札プロセスを経て成立した。

ポートフォリオの大部分は、Greencoat Solar II LPやGreencoat Renewable Income LPなど、長年シュローダー・グリーンコートが運用するファンドや、最近組成されたファンドによって取得される。また、昨年設立された地域密着型の再生可能エネルギー・インフラ・ファンドであるSchroders Greencoat Wessex Gardens LPを通じて、Avon、Cornwall、Devon、Gloucestershire、Oxfordshire、Wiltshireの6つの地方政府年金基金がかなりの部分を取得する。東京センチュリーは、本買収の共同投資家として活動している。

【参照ページ】
(原文)Schroders Greencoat to acquire c.£700m Toucan Energy portfolio – the largest operational solar portfolio traded in the UK
(日本語参考訳)シュローダー、英国のソーラー・ポートフォリオを約1,300億円で取得

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る