Constellation Energy、米国初の原子力特化のグリーン債発行

3月18日、米国のエネルギー供給会社であるConstellation Energyは、原子力発電事業への資金調達に利用できる米国初のグリーン債募集により9億ドル(約1,365億円)を調達したと発表した。

同社によると、発行による収入は、原子力発電のメンテナンス、拡張、寿命延長など、炭素排出を削減または回避する、あるいはその他の環境上のメリットをもたらす原子力発電への投資に充てられる。Constellation Energyは米国最大の原子力発電事業者である。

今回の募集は、Constellation Energyが先月発表した新しいグリーン・ファイナンスの枠組みを受けたもので、グリーン債発行による資金調達の適格な用途を概説したもので、天然ガス発電資産における再生可能エネルギーや操業時の排出削減と並んで、原子力発電を「クリーンな発電群」カテゴリーに含め、その他にクリーンな水素、エネルギー貯蔵、クリーンな商業用供給などのカテゴリーを設け、同社の顧客にオフサイトの再生可能エネルギーを供給するプログラムを支援するものである。

グリーン債の資金使途に原子力発電が含まれることは、まだ稀ではあるが、増加傾向にある。特筆すべきは、カナダ政府が最近発行した2本目のグリーン債で、自国のグリーンファイナンスの枠組みを更新し、適格投資分野のリストに原子力関連の支出を追加した。EUのような管轄区域では、原子力活動を持続可能な資金調達の分類に含めているが、一部の加盟国や、欧州委員会自身の持続可能な資金諮問グループが、他の持続可能性の目標に悪影響を及ぼす可能性や、放射性廃棄物の管理による長期的な潜在的問題などの問題を指摘し、この分類に反対するなど、議論の的となっている。

【参照ページ】
(原文)Constellation Offers Nation’s First Corporate Green Bond for Nuclear Energy
(日本語参考訳)コンステレーション社、米国初の原子力向けグリーン社債を発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る