PRIやUNEP FI、「昆明-モントリオール生物多様性フレームワーク」解説ガイダンスを発行

4月18日、国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Finance for Biodiversity(FfB)財団は、機関投資家向けの「昆明-モントリオール生物多様性フレームワーク」解説ガイダンスを発行した。

グローバル生物多様性フレームワーク(GBF)によれば、投資家は生物多様性リスクに対処するための革新的な金融ソリューションに投資し、2030年までに年間2,000億ドル(約26兆円)の資金調達を支援すべきである。

2022年12月、生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)において、196カ国が「昆明・モントリオール生物多様性フレームワーク」を採択した。未曾有の生物多様性の損失を前に、GBFは、2030年までに自然損失を止め、逆転させるという包括的な目的を達成するための枠組みを提供する。

「昆明・モントリオール生物多様性フレームワーク」は、GBFの目標に沿った活動を目指す投資家向けに、特にガイダンスとアドバイスを提供する。本書は、投資家が生物多様性の危機に関連するリスクを管理し、予想される政策展開に備えることを支援するものである。

革新的な金融ソリューションへの投資に加えて、テクニカルレポートは、GBFの目標に沿って、投資の意思決定に生物多様性を統合し、自然関連の依存関係、影響、リスクおよび機会を評価し開示することを推奨している。GBFの目標に沿った活動を行う投資家は、自然に関する物理的・移行的なリスクをより適切に管理し、自然を大切にする経済へのシフトに関連する機会をつかむことができる。

【参照ページ】
(原文)New guidance on what the Kunming-Montreal Global Biodiversity Framework means for responsible investors
(日本語参考訳)昆明-モントリオール生物多様性グローバルフレームワークが責任ある投資家にとって何を意味するかについての新しいガイダンス

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る