PRIやUNEP FI、「昆明-モントリオール生物多様性フレームワーク」解説ガイダンスを発行

4月18日、国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Finance for Biodiversity(FfB)財団は、機関投資家向けの「昆明-モントリオール生物多様性フレームワーク」解説ガイダンスを発行した。

グローバル生物多様性フレームワーク(GBF)によれば、投資家は生物多様性リスクに対処するための革新的な金融ソリューションに投資し、2030年までに年間2,000億ドル(約26兆円)の資金調達を支援すべきである。

2022年12月、生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)において、196カ国が「昆明・モントリオール生物多様性フレームワーク」を採択した。未曾有の生物多様性の損失を前に、GBFは、2030年までに自然損失を止め、逆転させるという包括的な目的を達成するための枠組みを提供する。

「昆明・モントリオール生物多様性フレームワーク」は、GBFの目標に沿った活動を目指す投資家向けに、特にガイダンスとアドバイスを提供する。本書は、投資家が生物多様性の危機に関連するリスクを管理し、予想される政策展開に備えることを支援するものである。

革新的な金融ソリューションへの投資に加えて、テクニカルレポートは、GBFの目標に沿って、投資の意思決定に生物多様性を統合し、自然関連の依存関係、影響、リスクおよび機会を評価し開示することを推奨している。GBFの目標に沿った活動を行う投資家は、自然に関する物理的・移行的なリスクをより適切に管理し、自然を大切にする経済へのシフトに関連する機会をつかむことができる。

【参照ページ】
(原文)New guidance on what the Kunming-Montreal Global Biodiversity Framework means for responsible investors
(日本語参考訳)昆明-モントリオール生物多様性グローバルフレームワークが責任ある投資家にとって何を意味するかについての新しいガイダンス

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る