MSCI、企業がESGおよび気候変動に関するパフォーマンスを評価・比較するためのソリューションを提供

MSCI、企業がESGおよび気候変動に関するパフォーマンスを評価・比較するためのソリューションを提供

2月7日、投資データおよびリサーチプロバイダーであるMSCIは、上場企業のサステナビリティ担当役員がESGおよび気候に関する目標を設定し、進捗状況を確認し、サステナビリティデータを同業他社と比較するための新しいソリューション「MSCIコーポレート・サステナビリティ・インサイト」を発表した。

MSCIは、投資家にとってESG課題の重要性が増し、規制当局が気候変動やサステナビリティの報告要件を引き上げる中、企業がESGや気候関連の目標を設定し、サステナビリティ関連の開示レベルを高めていることを受け、新ソリューションの提供を開始した。

同社は、新ソリューションは、経営者が自社が直面するESGや気候変動に関する課題と機会について理解を深めることができるよう設計されていると述べた。主な機能としては、企業のESGレーティング、ESG論争、持続可能な開発目標ネットアラインメントプロファイルなど、MSCI ESGリサーチによるリスクとパフォーマンスデータの視覚化により、戦略立案や投資家への働きかけを支援する。同時に、MSCI ESGリサーチの気候バリューアットリスクや推定温度上昇ソリューションなどのツールへアクセスし、リスク露出や世界の気候目標との整合性を捉えることが可能。

また、MSCIターゲット・エクスプローラー・ツールを通じて、炭素関連のコミットメントにおける潜在的な開示ギャップの特定を支援し、TCFD報告勧告に基づく業界同業他社との比較による気候関連のリスクと機会に関する見解を提供する。

【参照ページ】
(原文)MSCI ESG Research launches tool for companies to analyze their sustainability strategy against peers

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る