MSCI、企業がESGおよび気候変動に関するパフォーマンスを評価・比較するためのソリューションを提供

MSCI、企業がESGおよび気候変動に関するパフォーマンスを評価・比較するためのソリューションを提供

2月7日、投資データおよびリサーチプロバイダーであるMSCIは、上場企業のサステナビリティ担当役員がESGおよび気候に関する目標を設定し、進捗状況を確認し、サステナビリティデータを同業他社と比較するための新しいソリューション「MSCIコーポレート・サステナビリティ・インサイト」を発表した。

MSCIは、投資家にとってESG課題の重要性が増し、規制当局が気候変動やサステナビリティの報告要件を引き上げる中、企業がESGや気候関連の目標を設定し、サステナビリティ関連の開示レベルを高めていることを受け、新ソリューションの提供を開始した。

同社は、新ソリューションは、経営者が自社が直面するESGや気候変動に関する課題と機会について理解を深めることができるよう設計されていると述べた。主な機能としては、企業のESGレーティング、ESG論争、持続可能な開発目標ネットアラインメントプロファイルなど、MSCI ESGリサーチによるリスクとパフォーマンスデータの視覚化により、戦略立案や投資家への働きかけを支援する。同時に、MSCI ESGリサーチの気候バリューアットリスクや推定温度上昇ソリューションなどのツールへアクセスし、リスク露出や世界の気候目標との整合性を捉えることが可能。

また、MSCIターゲット・エクスプローラー・ツールを通じて、炭素関連のコミットメントにおける潜在的な開示ギャップの特定を支援し、TCFD報告勧告に基づく業界同業他社との比較による気候関連のリスクと機会に関する見解を提供する。

【参照ページ】
(原文)MSCI ESG Research launches tool for companies to analyze their sustainability strategy against peers

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る