HVACシステム大手Carrier、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを約束

HVAC大手Carrier、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを約束

2月6日、HVACシステム、冷凍機、サステナブル建築ソリューション企業のCarrierは、2050年までにバリューチェーン全体で、直接的な業務排出だけでなく間接的な排出も含め、ネット・ゼロ・エミッションを達成するという新たな目標を発表した。

同社は、サステナビリティ戦略として、スコープ1、2、3の排出量を掲げている。スコープ1の排出量は、HVACシステム企業による燃料や冷媒の使用など、企業の直接的な業務によって発生するもので、スコープ2には購入電力による排出量も含まれる。Carrierの2022年版ESGレポートには、サプライチェーンや製品の使用で生じるものを含むスコープ3排出量の測定は含まれていないが、同社のカーボンフットプリントの大部分を占めているとの想定である。

建物は、世界の温室効果ガス排出の大きな要因であり、その長期的な性質から、交換が最も困難なものの一つ。全体として、建物は世界の炭素排出量の約15%に相当し、そのうち冷暖房は約35%を占めると推定されている。

今回発表した新目標は、2030年までに顧客が1ギガトン以上の温室効果ガス排出を回避できるようにするための既存の取り組みを補完し、カーボンニュートラルに到達するという2030年の目標に基づくものである。2つの目標は、CarrierがUnited Technologies Corporationから分離した後の2020年に設定された。

Carrierは、温室効果ガス排出量削減計画が、地球温暖化を1.5℃に抑えるための科学的根拠に基づく目標設定(SBTi)と整合するものであり、SBTiの検証プロセスに従って、短期および長期目標を公表することを目指していると述べた。

【参照ページ】
(原文)Carrier Strengthens Climate Goals with a Science-Based Net Zero Target and Expanded Decarbonization Investments
(日本語参考訳)HVAC大手Carrier、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを約束

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

    2023-3-14

    独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

    2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP)&n…
  2. bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

    2023-3-14

    bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

    2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資…
  3.  

    2023-3-14

    成田国際空港と東京ガス、「株式会社 Green Energy Frontier」を設立・事業開始

    2月20日、成田国際空港(NAA)と東京ガス株式会社(東京ガス)は、成田国際空港にエネルギー供給を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る