GMとLGエナジー、ミシガン州に約3,000億円のEV用バッテリー工場を建設

GMとLGエナジー、ミシガン州に約3,000億円のEV用バッテリー工場を建設

GM(ゼネラル・モーターズ)とLGエナジー・ソリューション社のバッテリーセル合弁会社であるウルティウム・セルズ社は、26億ドル(約3,000億円)を投じてミシガン州ランシングに280万平方フィートのバッテリーセル製造工場の建設を発表した。この施設は、同社にとって米国で3番目の電池工場となる。

本工場は、50ギガワット時の電池容量を予定しており、2035年までに新型小型車のテールパイプ排出量をゼロにするというGMの目標を含むGMのオール電化ビジョンをサポートする。GMは昨年、2020年から2025年までに350億ドルのEVおよびAV投資を行う計画を発表した。

GMのEV開発は、量販車から高性能車まですべての構成要素を提供するウルティウム・バッテリー・プラットフォームに重点をおいている。このプラットフォームでは大判のパウチ型セルを採用しており、電池パック内で縦または横に積み重ねることができるため、車両デザインごとに蓄電量やレイアウトを最適化することが可能だ。10年半ばに発売予定の第2世代のウルティウム化学製品は、現在の化学製品の半分以下のコストで2倍のエネルギー密度を実現すると予測されている。

GMによると、2024年後半に開設予定の新工場は、ミシガン州のオリオン・アセンブリーをはじめとするGMのEV組立工場に電池セルを供給する予定だ。

【参照ページ】
(原文)GM and LG Energy Solution Investing $2.6 Billion to Build 3rd Ultium Cells Manufacturing Plant in Lansing
(日本語訳)GMとLGエナジー、ミシガン州に約3,000億円のEV用バッテリー工場を建設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る