Verra、世界最大のカーボンプログラム、森林炭素のデジタル計測を試験的に実施

Verra、世界最大のカーボンプログラム、森林炭素のデジタル計測を試験的に実施

11月16日、世界最大の温室効果ガス(GHG)クレジットプログラムを運営するVerraと、気候技術大手Pachamaは、リモートセンシングを活用して森林炭素を測定するデジタル測定・報告・検証(DMRV)プラットフォームの試験運用を開始する。パイロット版は、森林炭素プロジェクトの効率性、透明性、完全性を高めるための世界的な取り組みにおいて、重要なマイルストーンとなるものである。

最近の技術の進歩にもかかわらず、PDFファイル、スプレッドシート、手作業による測定は、依然として森林炭素クレジットの測定と検証の中心的なツールとなっている。新しいデジタルプラットフォームは、データの収集、分析、検証の方法を自動化・標準化することで、客観性を維持し、透明性を高め、今日の炭素市場の大きな課題である新しい炭素クレジットの発行に関わるコストと時間を劇的に削減することができる。

今年初め、VerraはデジタルMRVワーキンググループを立ち上げ、VerraのVerified Carbon Standard(VCS)プログラムにおけるサードパーティDMRVプラットフォームの使用に関するプロトコル、ガイダンス、フレームワークを策定している。本ワーキンググループの主要な成果であるPachamaパイロット版は、このタイプの最初の運用プラットフォームの1つであり、MRVプロセスの効率と精度を向上させるデジタルプラットフォームのエコシステムを構築するための重要な第一歩となるものである。

リモートセンシングの試験運用は、年内に開始される予定である。試験運用から得られた知見は、同様の状況における将来のDMRVプラットフォームのガイダンスに反映される予定である。

【参照ページ】
(原文)World’s Largest Carbon Program Pilots Digital Measuring Of Forest Carbon
(日本語訳)Verra、世界最大のカーボンプログラム、森林炭素のデジタル計測を試験的に実施

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る