英首相、ビジネス・エネルギー・産業戦略省の解体と、大規模な再編成

2月7日、ビジネス、貿易、文化を担当する政府省庁が、英首相Rishi Sunak氏によるホワイトホールの大改革の中で大規模な再編成を行ったと発表した。ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)は、経済成長の促進やエネルギー危機への対応を目的とした4つの新しい政府省庁の設立の一環として解体された。

解任されたNadhim Zahawi氏の後任には、貿易大臣を務めていたGreg Hands氏が就任し、商務長官だったGrant Shapps氏は、エネルギー安全保障・ネット・ゼロ担当長官に就任する。国際貿易長官であったKemi Badenochは、ビジネス・貿易省の共同責任者となる。Lucy Fraser氏は文化担当大臣として入閣し、デジタル技術の担当から外され、代わりに創造的な芸術とスポーツに焦点を当てることになる。Michel Donnellan氏は文化省から新設の科学技術省に移る。

1月、Sunak氏は在任中の公約として、インフレ率の半減、経済成長、国家債務の削減、NHSの待機時間の短縮、小型移民船による英仏海峡横断を防ぐための法律制定、の5つを挙げている。輸出入研究所のマルコ・フォルジオン事務局長は、BEISの一部がDITに統合されたことは、より広い英国の成長戦略の中で輸出をよりよく統合する機会であると述べた。

【参照ページ】
(原文)Ministerial Appointments: February 2023
(日本語参考訳)英首相、ビジネス・エネルギー・産業戦略省の解体と、大規模な再編成

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る