GRESB、不動産・インフラ資産運用会社に気候変動リスクおよびレポート作成ソリューションを提供開始

GRESB、不動産・インフラ資産運用会社向けに気候変動リスクおよびレポート作成ソリューションを提供開始

5月13日、不動産・インフラ投資に特化したESGデータプロバイダーであるGRESBは、資産運用会社が気候関連リスクと報告の課題に対処するための2つの新商品、GRESB Transition Risk ReportとGRESB TCFD Alignment Reportの発売を発表した。

GRESB Transition Risk Reportは、資産運用会社がポートフォリオのどの資産が気候関連の移行リスク(政策・規制リスク、技術リスク、市場リスク、風評リスク、法的リスクなど)に最もさらされているかを分析できるようにするものである。

本ソリューションにより、ユーザーは全体的なリスクエクスポージャーを分析できる。また、特定のポートフォリオの移行リスクがどこに集中しているかを判断し、資産レベルでの脱炭素化の取り組みの優先順位を決めることができる。本レポートは、GRESBの117,000の資産の実データを活用し、対象外の資産についてはGRESBの資産推定モデルを用いて、資産レベル、地域、世界レベルでの洞察を提供する。

GRESB TCFD Alignment Reportは、資産運用会社が気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に対応できるようにすることを目的としている。本レポートにより、ユーザーはTCFDのギャップを特定し、開示の改善すべき領域を決定し、同業者グループとTCFDの整合性を比較し、TCFDの開示に関する期待に整合する方法を学ぶことができる。

【参照ページ】
(原文)Transition Risk Report
(日本語訳)トランジション・リスク・レポート

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る