ユニリーバ、アクサ、ティケハウが約400億円を投じ、農業特化のインパクトファンド設立

ユニリーバ、アクサ、ティケハウが約400億円を投じて農業に特化したインパクトファンドを立ち上げ

5月11日、世界的な消費者ブランド企業であるユニリーバ、保険会社のアクサ、オルタナティブ資産運用会社のティケハウ・キャピタルは、再生農業への移行に焦点を当て、気候変動、生物多様性、水の保全、持続可能な食料調達と供給などの主要な環境・社会問題に対処する、新しいプライベートエクイティ・インパクトファンドの設立計画を発表した。

本インパクトファンドは、他の投資家にも開放され、10億ユーロ(約1,300億円)を目標としている。

農業、土地利用、森林破壊は、世界の温室効果ガス排出と生物多様性損失の主な原因となっている。本ファンドの目的は、再生可能な農法を推進することであり、生物多様性の強化・水資源の保全・土壌の健全性の保護・再生可能な原材料の供給・再生農業への移行を加速させる技術的ソリューションなどの主要分野に焦点を当てる。

本ファンドは、現在、気候変動対策に焦点を当てた約20億ユーロ(約2,600億円)の運用資産を持つティケハウが管理している。

【参照ページ】
(原文)Regenerative agriculture transition to be accelerated through new impact fund
(日本語訳)新しいインパクトファンド、再生可能農業への移行を加速

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る