ジェネラル・アトランティックの気候ファンドがGRESBの株式の過半数を取得

ジェネラル・アトランティックの気候ファンドがGRESBの株式の過半数を取得

4月17日、不動産とインフラに特化したESGデータプロバイダーであるGRESBは、成長株投資家ジェネラル・アトランティックの気候変動に特化したファンドであるBeyondNetZeroによる過半数の出資を発表した。

2009年にアムステルダムに設立されたGRESBは、不動産およびインフラ投資向けに標準化・検証されたESGデータをグローバルに提供している。GRESBは、ESGデータの検証、スコアリング、独自ベンチマークを行い、投資家やアセットマネージャーを含む金融セクター参加者にビジネスインテリジェンス、エンゲージメントツール、規制報告ソリューションを提供している。GRESBは、不動産、不動産開発、インフラ・ファンド、インフラ資産のベンチマークを毎年発表しており、昨年は75カ国にわたり2,084の不動産ポートフォリオと企業、687のインフラ資産、172のインフラ・ファンドを対象とし、総資産額8.8兆ドル(約1,361兆円)に相当する。

2021年に設立されたBeyondNetZeroは、気候変動と大規模に闘う可能性を秘めた高成長ビジネスを特定し、支援することを目指している。このベンチャーは、サプライチェーン、産業プロセス、製品の脱炭素化、エネルギー効率化ソリューション、資源保全、排出量管理・測定・貯蔵・除去という4つの中心的テーマに焦点を当てている。ジェネラル・アトランティックは2022年、BeyondNetZeroの最終クローズで35億ドル(約5,416億円)を調達したと発表した。

両社によると、買収後、ジェネラル・アトランティックはGRESBと提携し、金融市場全体への影響を加速させることを目的とした戦略的拡大と製品革新を通じて、GRESBの次の成長段階をサポートする。

GRESBの株式の過半数は、2020年にGRESBに最初に投資したオルタナティブ資産会社サミット・パートナーズから取得される。サミット・パートナーズはGRESBの少数株式を保有し、GRESBの経営陣もGRESBに再投資する。

【参照ページ】
(原文)GRESB Announces Majority Investment from General Atlantic’s BeyondNetZero Fund to Accelerate Global Growth and Impact

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る