Unwritten、気候変動を金融判断に組み込むソリューションで約5億円を調達

Unwritten、気候変動を金融判断に組み込むソリューションで約5億円を調達

4月17日、英国のフィンテック新興企業Unwrittenは、シード資金調達ラウンドで350万ドル(約5億円)を調達したと発表した。この資金は、投資家や企業が気候変動を投資や資本配分の意思決定に組み込むことを可能にする同社のソリューションを推進することを目的としている。

共同設立者のフィリップ・マークス博士とアモス・ウィッテンバーグ氏によって2022年に設立されたロンドンを拠点とするアンリテンは、以前はDovetail Financeだったが、気候変動が世界経済に与える影響を定量化し、複雑なサプライチェーンにおける技術、規制、需要の相互依存関係を把握するモデリングにより、投資家、金融機関、企業が企業レベルで気候変動の機会とリスクを評価できるようにすることを目的としたソリューションを提供している。Unwrittenのアナリティクスは、企業レベルのデータを財務モデルに統合するよう設計されており、ビッグデータ技術を用いて複雑な気候関連情報を財務データに変換し、4万社以上の企業の財務上重要な気候変動エクスポージャーをカバーしている。

シード資金調達ラウンドは、ロンドンを拠点とするソフトウェアVCのコネクト・ベンチャーズが主導し、気候変動VCのプラネットAベンチャーズ、サンド・リバーやアダプト・ネーション・キャピタルを含む学界や産業界のVCやエンジェル投資家が続いた。

【参照ページ】
(原文)Unwritten Raises €3.2M to integrate Climate Change into Financial Decisions
(日本語参考訳)アンリトゥン、気候変動を財務判断に組み込むため320万ユーロを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る