Kraft Heinz、パッケージから180億円超のプラスチックを削減へ

Kraft Heinz、パッケージから1億ポンドのプラスチックを削減へ

7月31日、世界的な食品・飲料会社であるKraft Heinzは、化石燃料の使用量を削減し、より持続可能なパッケージングを採用する取り組みの一環として、全世界のパッケージング・ポートフォリオにおいてバージンプラスチックの使用量を20%削減するという新たなコミットメントを発表した。

同社は、新たな目標を達成することで、バージンプラスチックの使用量を約1億ポンド(約180億円)削減できると見積もっている。

2020年、同社は一連のサステナビリティに関するコミットメントを発表した。今回の新たな目標は、2025年までに100%リサイクル可能、再利用可能、または堆肥化可能なパッケージングを達成し、2030年までに温室効果ガス排出量を半減し、2050年までに排出量をネット・ゼロにするというプラスチック削減のコミットメントをさらに拡大するものである。

Kraft Heinzは、プラスチックの使用量を減らし、リサイクル率を高め、プラスチックの代替品を利用することを目的とした一連の行動を強調した。これには、最近英国で環境に優しいマルチパックの板紙製スリーブを発売したこと、2025年までに米国でPET製硬質プラスチック包装の15%を消費者使用後のリサイクル材に置き換えることを目標としていること、HEINZトマトケチャップ用に木材パルプを原料とする紙製ボトルを開発するPulpex社とのプロジェクトを進めていることなどが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Kraft Heinz Announces Goal to Reduce the Use of Virgin Plastic Globally by 20 Percent – or more than 100 Million Pounds – by 2030
(日本語参考訳)Kraft Heinz、パッケージから1億ポンドのプラスチックを削減へ

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る