米大手小売Target、初の「ネット・ゼロ・エネルギー」店舗を発表

 

3月17日、米大手小売企業のTargetは、カリフォルニア州ビスタで同社初のネット・ゼロ・エネルギー店舗を公開した。本店舗では、使用量を上回る再生可能エネルギーを生み出し、排出量削減のための革新的な技術を検証する。Targetは、店舗の改修と新機能を、新店舗や改装プログラムへの投資に反映させる。

ネット・ゼロ・エネルギー店舗では、屋根とカーポートに設置された3,420枚のソーラーパネルでエネルギーを生成する。Targetによると、この店舗では毎年最大で10%のエネルギー余剰が発生し、それを地域の電力網に送り返すことができる見込みだ。また、天然ガスの代わりに屋上のソーラーパネルで冷暖房をまかない、冷媒をCO2冷凍機に切り替える。

Targetは、2040年までに全社的に温室効果ガス排出量ゼロを達成し、2030年までに事業用の電力を100%再生可能エネルギーで賄うという目標を含むサステナビリティ戦略「Target Forward」を、店舗や施設における革新的技術でサポートすると表明している。

【参照ページ】
(原文)Target Tests First Net Zero Energy Store
(日本語訳)Target、初の「ネット・ゼロ・エネルギー」店舗を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る