Northern Lights JVとYara、初の国境を越えたCO2輸送・貯蔵契約を締結

Northern Lights JVとYara、初の国境を越えたCO2輸送・貯蔵契約を締結

8月29日、Equinor、Shell、TotalEnergiesの合弁会社Northern Lightsと作物栄養会社Yaraは、史上初の国境を越えたCO2輸送・貯蔵の商業協定に調印したと発表した。

The Northern Lights プロジェクトは、ノルウェー政府の本格的な炭素回収・貯留プロジェクトであるLongshipの輸送・貯留部門として、2020年末に開始された。 Longshipは2020年9月に発表され、政府は本プロジェクトを炭素回収・貯留をパリ協定の気候目標に沿った世界の温室効果ガス排出削減のための必須条件と説明している。

本プロジェクトの第一段階は2024年に稼働する見込みである。年間最大150万トンのCO2を輸送・注入・貯蔵する能力があるという。

本合意では、オランダにあるYaraのアンモニア・肥料工場Yara Sluiskilから排出される80万トンのCO2をオランダで回収・圧縮・液化し、2025年初頭からノルウェー北海の海底下2,600メートルに永久保存するために輸送する予定だ。

第一段階に続き、Northern Lightsは年間合計500万トンの貯蔵能力の拡張を目指しており、現在フェーズ2の最終投資決定に向けて動いている。

【参照ページ】
(原文)Major milestone for decarbonizing Europe
(日本語訳)Northern Lights JVとYara、初の国境を越えたCO2輸送・貯蔵契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る