サーキュラー・エコノミー投資家クローズドループパートナーズ、約57億円を調達し2号ファンドを組成

サーキュラー・エコノミー投資家クローズドループパートナーズ、約57億円を調達し2号ファンドを組成

クローズドループ・パートナーズは、2号ファンドを組成し、5千万ドル(約57億円)以上の資金を調達したと発表した。このファンドは、プラスチックやパッケージ、ファッション、食品、農業、サプライチェーン技術などの分野で、画期的なサーキュラー・エコノミー・ソリューションに投資することを目的としてる。

クローズドループ・パートナーズは、ベンチャーキャピタル、グロースエクイティ、プライベートエクイティ、プロジェクトベースのファイナンス、そして循環型経済の構築に焦点を当てたイノベーションセンターからなる投資会社。2017年に発足した同社のベンチャーキャピタル部門は、材料科学、ロボティクス、アグリテック、持続可能な消費財、循環経済を促進する技術におけるイノベーションを対象としている。

クローズドループ・ベンチャーファンドIIは、ベンチャーキャピタルグループの1号ファンドの戦略をベースにしている。両ファンドとも、直線的で抽出的なサプライチェーンから、廃棄物のない循環型システムへの移行を目指す。ベンチャーズ・グループの投資家は、マイクロソフト、GSグループ、オートデスク財団など。

これまでに2号ファンドは、製品デザイナーが現地で持続可能な材料で製造することを支援するSaaSネットワークを提供するPartsimonyや、サプライチェーンの透明性、農業のベストプラクティス、価値の共有を促進するトレーサビリティプラットフォームを運営する ucrop.it など、サプライチェーン技術、食品・農業、ファッションに関するソリューションに投資している。

【参照ページ】
(原文)Closed Loop Partners’ Venture Capital Group Raises $50+ Million Fund II to Scale Breakthrough Circular Economy Solutions
(日本語訳)クローズドループベンチャーズグループ、VCから5,000万ドル調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る