ユナイテッド航空とアラスカ航空、水素電気航空ソリューションを提供する新興企業ZeroAviaへ出資

ユナイテッド航空とアラスカ航空、水素電気航空ソリューションを提供する新興企業ZeroAviaへ出資

水素電気航空ソリューションの新興企業ZeroAviaは、地域航空向けのゼロエミッション・パワートレイン・システムの開発を支援する目的で、直近の資金調達ラウンドで3500万ドルを調達したと発表した。

アマゾンのClimate Pledge Fund、AP Ventures、Breakthrough Energy Ventures、Horizons Ventures、Summa Equity、Shell Venturesなどの既存投資家に加え、新たにユナイテッド航空とアラスカ航空グループも投資家に加わった。

この資金調達ラウンドにより、同社のこれまでの投資総額は1億1,500万ドルに達した。

ZeroAviaは、さまざまな市場に対応するための水素-電気航空ソリューションに注力しており、初期段階では商業輸送、貨物、農業などに使用される10~20席の航空機で500マイルの航続距離を目標としている。2020年には、世界初の水素燃料電池を搭載した商業用航空機の飛行を完了した。

ユナイテッド航空とアラスカ航空の両社は、低炭素航空ソリューションに投資する取り組みを発表している。

ユナイテッド航空は、リージョナル航空機用のゼロエミッション水素電気エンジンに投資した最大の航空会社となり、2028年までに既存のユナイテッドエクスプレス航空機に使用できるゼロアビアのZA2000-RJエンジンを最大100台購入する予定だ。

同航空は今年初めには電気飛行機会社のハート・エアロスペースへの投資と、運航時の排出ガスがゼロの飛行機200機の受注を発表した。また、100%持続可能な航空燃料を使用したエンジンを搭載した初の旅客機の飛行を完了させた。

アラスカ航空も最近、ネット・ゼロ・エミッションの目標達成に向け新しく投資部門であるアラスカ・スター・ベンチャーズを立ち上げた。

【参照ページ】
(原文)​ZeroAvia Raises Further $35 Million for Zero-Emission Flight Technology, Taking Total Raised to $115 Million
(日本語訳)ユナイテッド航空、アラスカ航空がゼロ・エミッション飛行技術でZeroAviaへ投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る