Amazon、グリーン水素を購入し、輸送とビルディングの電力を供給

Amazon、グリーン水素を購入し、輸送とビルディングの電力を供給

8月25日、Amazonは、水素・燃料電池ソリューション企業のPlug Powerと、2025年から年間約11,000トンのグリーン水素を供給することで合意した。これは、年間30,000台のフォークリフトまたは800台の長距離輸送用大型トラックの電力に相当する。

本発表は、Amazonが過去数年間に発表した一連の動きの中で最新のもので、2040年までに事業全体でネット・ゼロエミッションを達成するという目標の達成を目指したものである。同社はすでに、企業として最大の再生可能エネルギー購入企業となっており、2025年までに企業活動の100%を再生可能エネルギーで賄うことを目指しているほか、配送車両の電化のための大規模な投資も発表している。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素のひとつと考えられており、特に風力や太陽光などの再生可能エネルギーによるソリューションが現実的ではない、排出量の削減が困難なセクターにおいて重要な役割を担っている。

水素は年間約9,000万トン製造されているが、その大部分は化石燃料を使って抽出されており、汚染物質やGHGの排出を引き起こしている。再生可能エネルギーを利用した電気分解プロセスで水から水素を抽出するグリーン水素など、クリーンな抽出プロセスを開発するためには多大な投資が必要である。

Amazonは、本日発表されたような大規模な購入契約が、グリーン水素の成長を促進し、水素経済を拡大するためのシグナルを業界に提供することを期待している。

【参照ページ】
(原文)Amazon adopts green hydrogen to help decarbonize its operations
(日本語訳)Amazon、グリーン水素を購入し、輸送とビルディングの電力を供給

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る