投資サービスのシュワブ、MSCIのESGレーティングを投資家に提供

シュワブ、MSCIのESGレーティングを投資家に提供

4月27日、投資サービスプロバイダーのチャールズ・シュワブは、顧客向けに第三者によるESG評価を導入し、Schwab.comのウェブサイトや株式のSchwab Equity Ratings Reportから個別銘柄に関するMSCIのESG評価にアクセスできるようにすると発表した。

MSCI ESGレーティングは、長期的な業界の重要なESGリスクに対する企業の耐性を測定するために設計された。格付けモデルは、財務的に関連するESGリスクへのエクスポージャーと、同業他社との比較におけるその管理状況に応じて、業界のリーダーや遅れを特定する。企業は、同業他社のパフォーマンスと比較して、AAAからCCCの尺度で評価される。

シュワブは、今回の新機能は、顧客の投資ポートフォリオのパーソナライズを支援する同社のコミットメントの最新の例としている。昨年11月、同社の資産運用部門であるシュワブ・アセット・マネジメントは、中小型株のESGスクリーニングされたアクティブ運用ポートフォリオへのエクスポージャーを投資家に提供することを目指し、「シュワブ アリエル ESG ETF(SAEF)」の発売を発表した。また、シュワブはESG戦略、オプション、洞察に関する情報を一元化する「ESG Investing Hub」を開設している。

【参照ページ】
(原文)Schwab Introduces Third-Party ESG Ratings for Individual Stocks
(日本語訳)シュワブ、個別銘柄の第三者によるESGレーティングを導入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る