OCBC銀行、MetaVerse Green Exchangeと提携し、トークン化されたグリーン・ファイナンス・ソリューションの提供を開始

OCBC銀行、MetaVerse Green Exchangeと提携し、トークン化されたグリーンファイナンスソリューションの提供を開始

4月25日、シンガポールの銀行・金融サービス企業であるOCBC銀行は、デジタルグリーン取引所であるMetaVerse Green Exchange(MVGX)との新たな戦略的パートナーシップを発表した。同社は、大企業のカーボンニュートラルへのエネルギー転換を加速することを目的とした、トークン化グリーン・ファイナンス・ソリューションを開始する。

本パートナーシップにより、OCBCの法人顧客は、MVGXのカーボン・ニュートラル・トークン(CNT)を通じて、トークン化された炭素クレジットを使用した、二酸化炭素排出量の相殺が可能となる。MVGXのNon-Fungible Digital Twin(NFDT)分散型台帳技術に支えられたこのトークンは、企業が投資した気候変動対策プロジェクトの炭素パフォーマンスの記録をデジタル炭素クレジットとして提供する。

温室効果ガスの放出を相殺するカーボンオフセットプロジェクトや関連するクレジットの需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想されている。企業や事業者がネット・ゼロの野望を打ち出し、自社の絶対的排出量削減への橋渡しとして、オフセットに目を向ける傾向が強まっているからである。

しかしながら、炭素クレジット市場は、流動性の欠如、プロジェクトの有効性を評価するためのデータの不足または一貫性の欠如などの問題を抱えている。

OCBCによると、既存のシステムでは、炭素クレジットの適切な計上と追跡ができないため、二重計上や国境を越えた炭素取引に伴う困難など、規模に応じた取り込みとインパクトを阻害する課題があった。今回の新たなグリーン・ファイナンス・ソリューションは、企業の排出量とオフセットの状況を把握できるようし、これらの課題に対処する。

OCBCは、今回のソリューションは今年後半に開始される予定で、金融ソリューションを利用したプロジェクトから予想される炭素排出量を独立した第三者が検証し、対応する炭素クレジットの再利用量を計算すると述べている。

【参照ページ】
(原文)OCBC Bank and MetaVerse Green Exchange to develop new green financing solutions with tokenised carbon credits
(日本語訳)OCBC銀行とMetaVerse Green Exchange、トークン化された炭素クレジットを用いた新しいグリーンファイナンスソリューションの開発へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る