カールスバーグ・スウェーデン、ハイテク二酸化炭素リサイクル工場に投資

10月24日、カールスバーグ・スウェーデンは、環境責任に向けた画期的な動きとして、最新鋭の二酸化炭素リサイクル工場への大規模な投資を発表した。同社のサステナビリティプログラム「Together Towards ZERO and Beyond」に沿って、ファルケンベルグ醸造所に、2024年末までに必要な二酸化炭素の最大40%を回収するプラントを統合する。

カールスバーグ・スウェーデンは2017年以降、再生可能エネルギー100%での大規模飲料生産を実現している。同社は認証されたグリーン電力と自社製造のバイオガスを利用しており、現在の二酸化炭素使用量はすべて化石燃料を使用しないものとなっている。

ファルケンベルグ醸造所に設置される革新的な二酸化炭素回収プラントは、ビール、ソフトドリンク、水の製造工程を変革する。2024年末に操業を開始する予定の同施設は、発酵中に放出される生物起源二酸化炭素を回収、浄化、再利用する上で極めて重要な役割を果たす。

現在、カールスバーグ・スウェーデンは年間9,500トンの二酸化炭素を外部調達に頼っている。新しい二酸化炭素回収プラントは、毎時750キログラムの処理能力を誇り、それぞれ30トンを収容できるタンクを2基備えているため、同社の二酸化炭素需要の40%をカバーすることができる。

【参照ページ】
(原文)Earth-Friendly Fizz: Carlsberg Sweden’s New Investment Will Capture CO2 to Put Bubbles in Beer
(日本語参考訳)地球にやさしい発泡酒: カールスバーグ・スウェーデンの新たな投資、CO2を回収してビールに泡を入れる

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る