TfS、化学産業におけるスコープ3炭素排出量算定の革新的アプローチを発表

10月31日、化学業界における国際的なサステナビリティ・イニシアティブであるトゥギャザー・フォー・サステナビリティ(TfS)は「スコープ3報告の改善と調和」と題する新しいホワイトペーパーを発表し、スコープ3の二酸化炭素排出量算出の斬新なアプローチを提示した。

TfSは2022年11月に「プロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)ガイドライン」を発表しており、今回のホワイトペーパーは本ガイドラインに基づき、バイオベース材料、マスバランス/エネルギーバランス、リサイクル材料の3つの主要分野に焦点を当て、さらなる改善を図っている。

バイオベース材料に関して、白書は現行の温室効果ガス(GHG)プロトコルの限界に注目している。しかし、本アプローチでは、バイオマス原料をリサイクルする際の排出量を正確に計算することが難しい。これに対処するため、TfSは「-1/+1アプローチ」を提案する。本アプローチでは、原料生産時の排出と吸収を明確に区別し、バイオベース原料の使用時や廃棄時には通常通り排出量を計算し、同時にカテゴリー1の原料調達時の排出量をマイナスにカウントすることを提案する。

マスバランス/エネルギーバランスの観点から、TfSは、GHG議定書では明確に規定されていないものの、これらのアプローチを公式に認めることを提唱している。誤解を招く主張を防ぐため、TfSは、マスバランスとエネルギーバランスの有効性を同一施設内のプロセスに限定し、施設横断的な主張には明確な認証スキームを義務付けることを推奨する。さらに、年度をまたいだ主張は容認できない。

再生材料とリサイクルプロセスに関して、ホワイトペーパーでは、廃棄物発生企業と材料使用企業間のリサイクルプロセスからの排出量の配分など、複雑な問題を提起している。さらに、廃棄物の熱回収から得られる価値を平等に分配するという課題も取り上げている。また、計算ロジックの結果、バージン材料に比べてリサイクル材料の排出量が多くなる可能性があるという潜在的な問題についても言及している。

BASFのサステナビリティ・メソッド・ディレクターであり、TfSスコープ3プログラムの共同議長を務めるピーター・サリング氏は、このホワイトペーパーの作成において極めて重要な役割を果たした。BASFの経験から、本文書は既存の方法の欠点を説明するだけでなく、これらの複雑な問題についてさらなる審議の必要性を強調している。

【参照ページ】
(原文)White Paper explores new approaches to counting carbon in chemical sector
(日本語参考訳)TfS、化学産業におけるスコープ3炭素排出量算定の革新的アプローチを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る