S&P、物理的気候リスクとエクスポージャーのスコアを発表

S&P が物理的気候リスクとエクスポージャーのスコアを発表

9月15日、S&PグローバルのESGとサステナビリティに特化したビジネスであるSustainable1は、企業や投資家が洪水、ハリケーン、干ばつなどの気候変動災害へのエクスポージャーを評価・測定できるようにするため、Physical Risk Exposure Scores と Financial Impact datasetを発表した。

物理的リスクエクスポージャースコアは、企業や資産の気候変動関連災害へのエクスポージャーを表す。財務的インパクトデータセットは、災害へのエクスポージャーの変化による将来の財務コストの予測を、エクスポージャーを受けた資産の価値に対するパーセンテージで反映したもので、2万社以上の企業と87万以上の資産を対象としている。

本データセットは、S&Pグローバルの炭素・環境データおよびリスク分析ビジネスであるTrucostと、最近買収した気候リスク分析ソリューション・ツールプロバイダーのThe Climate Serviceのデータ能力を結集したものだ。発売当初は、「猛暑」「極寒」「山火事」「水ストレス」「干ばつ」「沿岸洪水」「河川洪水」「熱帯低気圧」など8種類のハザードに対するエクスポージャーをカバーする予定だ。

新ソリューションの発表と同時に、 Sustainable1は、新しいデータセットを活用して実施した調査を提供した。その結果、S&P 1200企業の92%が、2050年代までに物理的な気候変動リスクに対して高いエクスポージャーを持つ資産を持ち、2090年代には、business-as-usualシナリオで98%にまで上昇することが明らかになった。さらに、同シナリオでは、公益事業、エネルギー、材料のセクターの70%以上の企業が、少なくとも1つの資産に、その資産価値の20%以上に相当する物理的リスクを抱えている。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Sustainable1 Launches Physical Risk Exposure Scores and Financial Impact
(日本語訳)S&P グローバル・サステイナブル1、物理的リスク・エクスポージャー・スコアと財務的影響を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る