S&P、物理的気候リスクとエクスポージャーのスコアを発表

S&P が物理的気候リスクとエクスポージャーのスコアを発表

9月15日、S&PグローバルのESGとサステナビリティに特化したビジネスであるSustainable1は、企業や投資家が洪水、ハリケーン、干ばつなどの気候変動災害へのエクスポージャーを評価・測定できるようにするため、Physical Risk Exposure Scores と Financial Impact datasetを発表した。

物理的リスクエクスポージャースコアは、企業や資産の気候変動関連災害へのエクスポージャーを表す。財務的インパクトデータセットは、災害へのエクスポージャーの変化による将来の財務コストの予測を、エクスポージャーを受けた資産の価値に対するパーセンテージで反映したもので、2万社以上の企業と87万以上の資産を対象としている。

本データセットは、S&Pグローバルの炭素・環境データおよびリスク分析ビジネスであるTrucostと、最近買収した気候リスク分析ソリューション・ツールプロバイダーのThe Climate Serviceのデータ能力を結集したものだ。発売当初は、「猛暑」「極寒」「山火事」「水ストレス」「干ばつ」「沿岸洪水」「河川洪水」「熱帯低気圧」など8種類のハザードに対するエクスポージャーをカバーする予定だ。

新ソリューションの発表と同時に、 Sustainable1は、新しいデータセットを活用して実施した調査を提供した。その結果、S&P 1200企業の92%が、2050年代までに物理的な気候変動リスクに対して高いエクスポージャーを持つ資産を持ち、2090年代には、business-as-usualシナリオで98%にまで上昇することが明らかになった。さらに、同シナリオでは、公益事業、エネルギー、材料のセクターの70%以上の企業が、少なくとも1つの資産に、その資産価値の20%以上に相当する物理的リスクを抱えている。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Sustainable1 Launches Physical Risk Exposure Scores and Financial Impact
(日本語訳)S&P グローバル・サステイナブル1、物理的リスク・エクスポージャー・スコアと財務的影響を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る