鉱山会社Anglo American、約1,000億円の社債の利子を気候・水・雇用創出の目標に関連付け

Anglo American、約1,000億円の社債の利子を気候、水、雇用創出の目標に関連付け

9月14日、世界的な鉱山会社であるAnglo Americanは、同社初のサステナビリティ・リンク債の発行を発表した。

サステナビリティ・リンク債は、持続可能な金融商品の中で最も急速に成長している形態であり、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。

Anglo Americanの新債券の利払いは、Scope1と2の温室効果ガス(GHG)排出量を30%削減、水不足地域の淡水の取水量を50%削減、現場での雇用1人につき5人の雇用を支援するなど、同社が2030年に掲げる一連の目標達成に連動する。

同債券のクーポンは、2031年以降、未達成の目標ごとに40bpずつ上昇する予定だ。

【参照ページ】
(原文)ANGLO AMERICAN LAUNCHES €745 MILLION SUSTAINABILITY-LINKED BOND
(日本語訳)アングロ・アメリカン、7億4,500万ユーロのサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る