鉱山会社Anglo American、約1,000億円の社債の利子を気候・水・雇用創出の目標に関連付け

Anglo American、約1,000億円の社債の利子を気候、水、雇用創出の目標に関連付け

9月14日、世界的な鉱山会社であるAnglo Americanは、同社初のサステナビリティ・リンク債の発行を発表した。

サステナビリティ・リンク債は、持続可能な金融商品の中で最も急速に成長している形態であり、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。

Anglo Americanの新債券の利払いは、Scope1と2の温室効果ガス(GHG)排出量を30%削減、水不足地域の淡水の取水量を50%削減、現場での雇用1人につき5人の雇用を支援するなど、同社が2030年に掲げる一連の目標達成に連動する。

同債券のクーポンは、2031年以降、未達成の目標ごとに40bpずつ上昇する予定だ。

【参照ページ】
(原文)ANGLO AMERICAN LAUNCHES €745 MILLION SUSTAINABILITY-LINKED BOND
(日本語訳)アングロ・アメリカン、7億4,500万ユーロのサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. SBTi、気候目標の基準設定と検証部門を分離し、信頼性を高める

    2023-9-20

    SBTi、気候目標の基準設定と検証部門を分離し、信頼性を高める

    9月13日、企業の環境サステナビリティ行動を気候変動の抑制という世界的目標に合致させることに焦点を…
  2. EU委員会、すべての金融商品にサステナビリティに関する開示を義務付けることを検討

    2023-9-20

    EU委員会、すべての金融商品にサステナビリティに関する開示を義務付けることを検討

    9月14日、EU委員会は、持続可能な金融情報開示に関するコンサルテーションを開始すると発表した。 …
  3. マース、2030年までにバリューチェーン全体で排出量半減を約束

    2023-9-19

    マース、2030年までにバリューチェーン全体で排出量半減を約束

    9月14日、スナック菓子、食品、ペットケア製品を提供するマースは、2030年までにバリューチェーン…

アーカイブ

ページ上部へ戻る