気候変動関連技術スタートアップPatch、炭素市場事業の拡大に向け約78億円を調達

気候変動関連技術の新興企業Patchが、炭素市場事業の拡大に向け約78億円を調達

9月14日、炭素市場に特化した気候関連技術のスタートアップであるPatchは、5,500万ドル(約78億円)を調達した。同資金は、雇用・新規市場への成長・技術拡張の支援を目的としている。

このシリーズBの資金調達ラウンドにより、Patchがこれまでに調達した資金は8,000万ドル(約114億円)に達した。

温室効果ガスの放出を相殺するカーボン・オフセット・プロジェクトおよび関連クレジットに対する需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想されている。企業や事業者がネット・ゼロの野望を打ち出し、自社の絶対的排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスを取るためにオフセットに目を向ける傾向がますます強まっているためだ。しかし、炭素クレジットの市場は、プロジェクトの有効性を評価するためのデータや一貫した方法の欠如という課題を抱えている。

Patchのプラットフォームは、企業が信頼性の高い炭素除去プロジェクトから簡単に炭素クレジットを購入するための透明性の高いインフラを提供する。また、気候変動対策事業の開発者に、事業を拡大するためのインフラを提供し、自主的な炭素市場での取引を促進する。

【参考ページ】
(原文)Patch Secures $55 Million to Boost Carbon Credit Platform
(日本語訳)パッチ、炭素クレジット・プラットフォーム強化のため5500万ドルを確保

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る