SUEZとPyrum、革新的な熱分解技術に基づくタイヤ・リサイクル・プラントの建設で提携

7月7日、SUEZリサイクル・アンド・リカバリーUKは、Pyrum Innovations AGと1年間の独占契約を締結し、使用済みタイヤをリサイクルするPyrumの特許取得済み熱分解技術を使用した英国初のプラントを建設すると発表した。

本合意により、今後12ヶ月間にわたり、SUEZは最初のプラントの建設地を決定し、Pyrumの支援を受けながら承認手続きを開始する予定である。計画中のプラントは、3基の熱分解リアクターで構成され、年間約20,000トンの使用済みタイヤをリサイクルする予定である。

ピュラムの特許取得済み熱分解リアクター技術により、タイヤから高品質の原料が回収され、その過程で排出されるCO2は、現在のリサイクル方法と比較して最大72%削減される。

現在、英国では約5,000万本(480キロリットル)のタイヤが廃棄されており、そのうち1,340万本が代替燃料として使用され、残りのタイヤはシュレッダーで粉砕され、スポーツピッチや運動場で使用されるクラムと呼ばれる新素材に加工される。

熱分解の過程で、タイヤは原料であるオイル、カーボンブラック、熱分解ガスに分離される。カーボンブラックは新しいタイヤの製造に再利用され、オイルはBASFによって回収され、新しい製品にリサイクルされ、熱分解ガスは工場の電力として使用される。

SUEZとの提携により、ドイツに本社を置くPyrum Innovationsは、ヨーロッパ全土で熱分解プラントを開発するための広範で有望なパイプラインを拡大することになる。

Pyrumとの提携により、SUEZは使用済みタイヤの半分以上がリサイクルされていない英国のリサイクル市場に参入した。

SUEZは、顧客の廃棄物に対して弾力的で革新的なソリューションを提供してきた実績と、設計から運営に至るまで新たなインフラを提供するための豊富な専門知識と経験を活かして、本プロジェクトに取り組む。SUEZでは、水事業における熱分解技術の革新に取り組んでおり、下水汚泥の熱分解による炭素回収のメリットを評価する研究プログラムを主導している。

【参照ページ】
(原文)SUEZ and Pyrum join forces to build a sustainable tyre recycling plant based on an innovative pyrolysis technology
(日本語訳)SUEZとPyrumが協力し、革新的な熱分解技術に基づく持続可能なタイヤリサイクル工場を建設

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る