Umicore、固体電池材料の大規模プロトタイピングセンターでEV電池材料の研究開発を加速

 

6月20日、ベルギーの循環型技術グループであるUmicoreは、ベルギーのオレンに世界最大かつ最先端の固体電池材料試作施設を開設し、この分野における技術革新と技術開発を拡大・加速する。固体電池は電気モビリティの推進力となることが期待されており、Umicoreの世界をリードする電池材料技術ポートフォリオを補完するものとなる。

最新鋭の設備と機器を備えた600m²の施設は、材料の配合から特性評価、製造、バッテリーセルの組み立て、その後のバッテリーレベルでのテストに至るまで、固体電池開発のフルチェーンをサポートする。このような完全なアプローチにより、正極活物質と固体電解質を組み合わせたカソライトなど、新しい材料カテゴリーの開発が可能になる。

当社は正極材業界におけるトップランナーとしての地位を堅持しており、この新しい施設は同社のリーダーシップをさらに強化するための重要なステップであり、試作能力を10倍以上に高め、それに伴って顧客サポート能力を向上させるものである。

Umicoreは、グループの研究開発本部もあるオレンの敷地内の工業用ビルを、このユニークな最先端施設に改造した。

固体電池の開発には、湿気に極めて敏感な材料が使用されるため、極めて乾燥した空気を含む特殊なインフラが必要となる。Umicoreの研究所内の湿度レベルは0.1%未満で、毎時200,000m3の乾燥空気が施設内を吹き抜けている。このような乾燥した空気は、次世代の正極活物質の正確な試験、分析、開発に不可欠である。

このような乾燥条件下で研究開発を行うことで、Umicoreはリソースを最適化し、節約することができる。超乾燥空気は電池材料の安定性を保ち、寿命を延ばすため、頻繁な材料交換を減らすことができる。研究者は、隔離されたグローブボックスの中で作業する代わりに、より広いオープンエリアで自由に製品を操作することができる。正確な試験と分析により試行錯誤の繰り返しが最小限に抑えられるため、このようなドライルームはエネルギー効率にも優れている。

Umicoreの主要な電池材料技術ポートフォリオは、現在の中・高ニッケルNMC(ニッケル、マンガン、コバルト)技術、近い将来のマンガンリッチHLM(高リチウム、マンガン)技術、将来のNaイオン(ナトリウムイオン)正極と固体電池技術で構成されている。固体電池は、いくつかの面で性能が改善された次世代電池である。エネルギー密度が高いため、電気自動車の走行距離が延び、充電速度も速くなる。現在の液体電解質を固体電解質に置き換えることで、二次電池の安全性と寿命が向上し、サイズ、重量、ひいてはコストが削減される。

【参照ページ】
(原文)Umicore speeds up its EV battery materials R&D with unique large-scale prototyping center for solid-state battery materials
(日本語訳)Umicore、EV用電池材料の研究開発を加速 固体電池材料の大規模プロトタイピングセンターを開設

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る