ESGデータのスタートアップAtlas Metrics、プラットフォーム構築のため約7億円を調達

3月28日、ESGデータ管理のスタートアップであるAtlas Metrics(アトラスメトリクス)は、企業がESGデータを収集、分析、伝達するためのプラットフォームを構築することを目的として、520万ユーロ(約7億円)のシード資金を調達したことを発表した。

2021年に設立されたベルリンのアトラスメトリクスは、企業や投資家がカーボンフットプリントを含むESG KPIの追跡と伝達を含む非財務パフォーマンスを理解し管理するためのESGデータ会計と報告のプラットフォームを提供している。本サービスのユーザーは、欧州全域の銀行やファンド、中小企業、スタートアップである。

アトラスメトリクスは、今回の資金調達の発表の中で、インパクトのある新機能を開発し、より幅広い組織にソリューションを提供することに注力していると述べている。また、アトラスは、プラットフォームの成長に加え、今回の資金調達により、現在20名いるチームを増強することも可能であるとし、元Wunder Mobility(ワンダーモビリティ)CTOのAlexander Thiel(アレクサンダー・ティール)を新CTOとして採用することも発表している。

【参照ページ】
(原文)WE HAVE RAISED €5.2 MILLION TO HELP COMPANIES SEAMLESSLY COLLECT ESG DATA— AND CREATE BETTER COMPLIANT, MORE SUSTAINABLE BUSINESSES
(日本語訳)ESGデータのスタートアップAtlas Metrics、プラットフォーム構築のため約7億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る