バイエル、マイクロソフトと協業し、新しいクラウドベースの農業管理ツールを発表

3月14日、バイエルは、マイクロソフトとの2021年の戦略的パートナーシップ発表に続き、農業食品業界向けの新しいクラウドベースソリューションを発表した。バイエルのAgPowered Servicesと新しいMicrosoft Azure Data Manager for Agricultureを組み合わせることで、企業や組織がライセンスを取得して自社の社内向けまたは顧客向けのデジタルソリューションにすぐに利用できる機能を提供する。

Azure Data Manager for Agricultureは、バイエルの数十年にわたる農業に関する専門知識とマイクロソフトのクラウドソリューションが融合したものである。

また、本ツールは、食品生産のバリューチェーン全体において透明性を高めることも可能にする。消費財メーカーが作物の育て方に基づいて生産者と提携することを容易にし、また消費者は原産地の慣行に基づき、より多くの情報に基づいた購買決定を行えるようになる。

企業や組織は、独自の社内向けおよび顧客向けのデジタルプラットフォームを開発するためにこのツールを利用するだけでなく、独自のソリューションをAzure Data Manager for Agricultureに持ち込んでライセンス利用できるようになる。農地作物をモニタリングする「Bayer Imagery Insights」、成長度日を計算する「Bayer Growing Degree Day Calculation」、水の量を管理する「Bayer Crop Water Use Maps」 の3つが含まれる。

Azure Data Manager上に構築されたソリューションは、病気、害虫、雑草の圧力の追跡、精密入力の適用、作物の成長と生産パターンの特定、潜在収量の測定、炭素排出量の追跡と把握、熱ストレスの影響、雨量、ひょう、気象データの分析を求める農家にとって有益となる。

【参照ページ】
Bayer collaborates with Microsoft to unveil new cloud-based enterprise solutions, advancing innovation and transparency in the agri-food industry

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る