バイエル、マイクロソフトと協業し、新しいクラウドベースの農業管理ツールを発表

3月14日、バイエルは、マイクロソフトとの2021年の戦略的パートナーシップ発表に続き、農業食品業界向けの新しいクラウドベースソリューションを発表した。バイエルのAgPowered Servicesと新しいMicrosoft Azure Data Manager for Agricultureを組み合わせることで、企業や組織がライセンスを取得して自社の社内向けまたは顧客向けのデジタルソリューションにすぐに利用できる機能を提供する。

Azure Data Manager for Agricultureは、バイエルの数十年にわたる農業に関する専門知識とマイクロソフトのクラウドソリューションが融合したものである。

また、本ツールは、食品生産のバリューチェーン全体において透明性を高めることも可能にする。消費財メーカーが作物の育て方に基づいて生産者と提携することを容易にし、また消費者は原産地の慣行に基づき、より多くの情報に基づいた購買決定を行えるようになる。

企業や組織は、独自の社内向けおよび顧客向けのデジタルプラットフォームを開発するためにこのツールを利用するだけでなく、独自のソリューションをAzure Data Manager for Agricultureに持ち込んでライセンス利用できるようになる。農地作物をモニタリングする「Bayer Imagery Insights」、成長度日を計算する「Bayer Growing Degree Day Calculation」、水の量を管理する「Bayer Crop Water Use Maps」 の3つが含まれる。

Azure Data Manager上に構築されたソリューションは、病気、害虫、雑草の圧力の追跡、精密入力の適用、作物の成長と生産パターンの特定、潜在収量の測定、炭素排出量の追跡と把握、熱ストレスの影響、雨量、ひょう、気象データの分析を求める農家にとって有益となる。

【参照ページ】
Bayer collaborates with Microsoft to unveil new cloud-based enterprise solutions, advancing innovation and transparency in the agri-food industry

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る