米国プラスチック協定、プラスチック包装の再生利用を促進する「PCRツールキット」を発表

3月7日、U.S. Plastics Pact(米国プラスチック協定)は、「Postconsumer Recycled Content (PCR) Toolkit」を発表した。プラスチック包装におけるPCRの使用は、サーキュラーエコノミーを実現するための重要な取り組みの一つであり、米国プラスチック協定は、すべての企業が製品にPCRを取り入れることができるように本ツールキットを発表した。

本キットはプラスチック包装に廃プラスチックのリサイクル素材(PCR)を使用することで、バージン材料の必要性を減らし、サーキュラーエコノミーを構築するのに役立つ。そのため、PCRは米国プラスチック協定が掲げる4つ目のターゲットの焦点となっている。ターゲット4は、2025年までにプラスチック包装のリサイクル率を平均30%にする必要を掲げている。Association of Plastic Recyclersによると、PET、HDPE、PPにPCRを使用すると、温室効果ガス排出量が平均70%減少する。

PCRツールキットは、PCRとは何か、環境上の利点は何か、どのように調達すればよいかを理解するためのガイドとして機能する。本ツールキットには、現在のPCRに関する法律や連邦政府の要件、調達の種類、品質への配慮、消費者の認識などに関する情報が含まれている。

【参照ページ】
U.S. Plastics Pact Launches Postconsumer Recycled Content Toolkit to Build Momentum for Recycled Content in Plastic Packaging

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る