BlackRock、有機性廃棄物から再生可能エネルギーを生産するVanguard Renewablesを買収

7月20日、投資大手BlackRockのリアルアセット部門は、米国を拠点に食品と乳製品の廃棄物を再生可能エネルギーに変換するプロジェクトを開発するVanguard Renewablesを、サステナビリティに焦点を当てた不動産投資家Vision Ridge Partnersから買収した。

本買収により、Vanguard Renewablesの評価額は7億ドル(約1,000億円)となり、BlackRockは同社の事業拡大のためにさらに最大10億ドル(1,400億円)を投資する計画だという。

2014年に設立されたVanguard Renewablesは、Vanguard OrganicsとVanguard AGの事業ラインを通じて、生ごみや牛糞からの温室効果ガス排出(GHG)を緩和している。Vanguard Organicsの嫌気性共消化プロセスは、非食用の食品・飲料廃棄物や乳牛の糞尿を再生可能なガスと液体低炭素肥料に変換し、Vanguard AGは、糞尿を再生可能な天然ガスに変換する。

両社は、2026年までに全米で100基以上の嫌気性消化槽を稼働させ、再生可能な天然ガスを生産する計画など、Vanguard Renewablesの次の成長段階を推進するために提携すると表明している。

【参照ページ】
(原文)BlackRock Is Buying Renewable Natural Gas Producer for $700 Million
(日本語訳)ブラックロック、有機性廃棄物から再生可能エネルギーを生産するVanguard Renewablesを買収

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る