ウィズダム・ツリー、脱炭素をテーマに廃棄物発電、リサイクル技術に特化したETFの提供を開始

ウィズダム・ツリー、脱炭素をテーマに廃棄物発電、リサイクル技術に特化したETFの提供を開始

4月28日、ETFプロバイダーおよび資産運用会社のウィズダム・ツリーは、廃棄物発電およびリサイクル技術に関連する企業を追跡することにより、世界の脱炭素メガトレンドへのエクスポージャーの提供を目的としたETFである「ウィズダム・ツリー・リサイクル・脱炭素UCITS ETF(WRCY)」の提供を開始すると発表した

本ETFは、廃棄物発電およびリサイクル関連事業の脱炭素化により収益、営業利益、または資産を獲得している世界中の取引所の企業を含む、Tortoise Recycling Decarbonization UCITS Indexのパフォーマンスに連動している。

廃棄物発電とは、ゴミや家畜の糞尿、農作物、動物性油脂などの廃棄物からエネルギーを生成するプロセスである。廃棄物から再生可能な天然ガスやディーゼルを作り、発電や圧縮天然ガス自動車(RNG)、トラック用ディーゼル(RND)などの輸送用燃料として使用する。RNDは従来のディーゼルに比べて温室効果ガス(GHG)排出量が50~80%少なく、RNGはマイナス排出が可能である。

今回のETFは、持続可能金融情報開示規則(SFDR)の第9条ファンドに分類されている。指数構成銘柄は、テーマに対する収益エクスポージャーと炭素排出量の報告状況に基づいて選択・加重される。例えば、負の炭素排出量を報告している企業は、正の炭素排出量または非報告の企業よりも2倍高いウェイトを持つ。

【参照ページ】
(原文)WisdomTree Launches the World’s First Recycling for Decarbonisation UCITS ETF
(日本語訳)ウィズダム・ツリー、世界初の脱炭素社会のためのリサイクルUCITS ETFを販売開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る