Banco SantanderとEIT InnoEnergy、エネルギー転換を目指す新興企業への融資・育成で提携

サンタンデールとEITイノエナジー、エネルギー転換を目指す新興企業への融資・育成で提携

4月28日、スペインの多国籍金融サービス企業であるBanco Santanderと、持続可能エネルギーに特化したイノベーションおよび投資プラットフォームであるEIT InnoEnergyは、EITの気候変動技術およびエネルギー移行に特化した新興企業のポートフォリオの開発を加速させることを目的とした新たな協力関係を締結したと発表した。

2010年に設立され、European Institute of Innovation and Technology(EIT)の支援を受けるEIT InnoEnergyは、最大の気候変動技術および再生可能エネルギー技術投資家の1つで、エネルギー貯蔵、輸送と移動、自然エネルギー、持続可能な建物と都市などの分野で技術革新を支援している。

イノベーションと金融サービスに焦点を当てた新たな協力関係の下、両社は、”投資の促進、業界のスキルギャップの縮小、持続可能なイノベーションを支えるソリューションの開発促進 “により、 EIT InnoEnergy のポートフォリオ企業の発展を支援することを目的としていると述べている。

EIT InnoEnergyは設立以来、380社以上の企業に5億6,000万ユーロ(約770億円)以上を投資しており、同社の新興企業ポートフォリオは今後5年間で総額1,600億ユーロ(約20兆円)の追加融資が必要になると予想している。

【参照ページ】
(原文)Santander and EIT InnoEnergy join forces to accelerate the energy transition
(日本語訳)サンタンデールとEITイノエナジー、エネルギー転換を加速するために提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る