Moody’s、損害保険引受におけるESG要素の統合ソリューションの提供開始

9月7日、グローバルな統合リスク評価会社であるMoody’sは、保険会社がESG要素を商業的な引受けやポートフォリオ管理業務に統合できるようにすることを目的とした、損害保険会社向けESG保険引受けソリューションの提供開始を発表した。

本ソリューションは、ESG指標とスコアを生成することで保険会社がESGリスクに関する独自の見解を構築し、企業独自のESG目標に対するベンチマークでパフォーマンスとトレンドを監視できるように設計されている。また、本ソリューションは、ESG要素と財務リスク指標との関係を特定するなど、その他の意思決定要素も提供する。

本ソリューションは、公開企業および非公開企業のデータと、世界的な専門(再)保険会社であるチョーサー・グループと共同で開発した新しいESG評価フレームワークを組み合わせている。Moody’sとチョーサーは、今年初め、温室効果ガスの開示やサプライチェーンにおける環境要因の統合から、労働者の安全条件や取締役会の多様性に至るまで、150以上の一連の指標にわたってカウンターパーティのESGパフォーマンスを測定する「スコアカード」を開発するための協力を発表している。

【参照ページ】
(原文)MOODY’S LAUNCHES NEW ESG INSURANCE UNDERWRITING SOLUTION FOR P&C INSURERS

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る