GAM、2030年の投資排出量削減目標を発表

9月7日、グローバルな資産運用会社であるGAMは、2050年までに資産全体でネット・ゼロを達成するという同社の2050年コミットメントを支援することを目的とした一連の新しい中間目標を発表した。

同社の新たな目標には、2030年までに株式および債券全体で、融資による炭素排出量を50%削減することが含まれている。材料分野では、2030年までに運用資産の75%をネット・ゼロに整合させる、あるいは整合への明確な道筋をつけることを目標に掲げている。

同社によると、本目標が、2050年までに温室効果ガスの排出をネット・ゼロにするという目標を支援することを約束した資産運用会社の連合体、ネット・ゼロアセットマネージャーズイニシアチブ(NZAM)の取り組みとも一致するという。

【参照ページ】
(原文)GAM Announces 2030 Investment Emissions Reduction Targets
(日本語訳)GAM、2030年の投資排出量削減目標を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る