欧州議会と欧州理事会、一般製品安全規制(GPSR)に暫定的に合意

11月29日、欧州議会と理事会で一般製品安全規制(GPSR)に関する最新の暫定合意がなされた。最終的な採択は2023年3月に行われると予想され、採択されれば、その18カ月後に新しい一般製品安全規則(GPSR)が施行されることになる。

一般製品安全規制(GPSR)は、20年以上にわたって施行されている。GPSDは、他の規制を受けないすべての製品のセーフティネットを構築するために設計された。GPSDの改定作業は、eコマースの導入に対応して開始され、本改定によってもたらされる変更は、デジタルサービス法に追加されることになる。

一般製品安全規制(GPSR)のハイライトは以下の通りである。

  • eコマース: オンライン・プラットフォームは、製品安全に関する窓口を一本化する必要があり、販売者を追跡することが求められる。当局は安全でない製品の上場廃止を命令することができる。
  • 責任者:企業は、販売するすべてのEU加盟国に責任者を置く必要がある。責任者は、当局に対して責任を負い、必要な書類や情報を提供する。
  • リコール:当局は、より効果的な製品リコールを要求するためのオプションを拡大する。消費者に返金、修理、交換を提供することで、返品率を高めることが目的である。
  • 技術文書:メーカーは、製品の安全性を証明する文書(製品の詳細、リスク評価、適合性を示すために使用した規格のリストなど)を作成する必要がある。これらは10年間保管しなければならない

【参照ページ】
(原文)Deal on EU rules to better protect online shoppers and vulnerable consumers

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る