欧州議会と欧州理事会、一般製品安全規制(GPSR)に暫定的に合意

11月29日、欧州議会と理事会で一般製品安全規制(GPSR)に関する最新の暫定合意がなされた。最終的な採択は2023年3月に行われると予想され、採択されれば、その18カ月後に新しい一般製品安全規則(GPSR)が施行されることになる。

一般製品安全規制(GPSR)は、20年以上にわたって施行されている。GPSDは、他の規制を受けないすべての製品のセーフティネットを構築するために設計された。GPSDの改定作業は、eコマースの導入に対応して開始され、本改定によってもたらされる変更は、デジタルサービス法に追加されることになる。

一般製品安全規制(GPSR)のハイライトは以下の通りである。

  • eコマース: オンライン・プラットフォームは、製品安全に関する窓口を一本化する必要があり、販売者を追跡することが求められる。当局は安全でない製品の上場廃止を命令することができる。
  • 責任者:企業は、販売するすべてのEU加盟国に責任者を置く必要がある。責任者は、当局に対して責任を負い、必要な書類や情報を提供する。
  • リコール:当局は、より効果的な製品リコールを要求するためのオプションを拡大する。消費者に返金、修理、交換を提供することで、返品率を高めることが目的である。
  • 技術文書:メーカーは、製品の安全性を証明する文書(製品の詳細、リスク評価、適合性を示すために使用した規格のリストなど)を作成する必要がある。これらは10年間保管しなければならない

【参照ページ】
(原文)Deal on EU rules to better protect online shoppers and vulnerable consumers

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る