EU、フランスの短距離路線飛行禁止を承認

12月2日、欧州委員会は、代替鉄道がある場合に短距離便を禁止するフランスの計画を承認した。ただし、影響を受けるのは3路線のみである。フランスの国会議員は2021年、2時間半以内の鉄道による代替輸送が可能な場合、短距離国内線の運航を禁止することを決議した。ブリュッセルの許可を必要とする当初の提案は、8路線に影響を与える予定であった。

欧州委員会は、同じ路線で鉄道による代替手段がある場合、つまり、毎日片道数便の直行便がある場合にのみ、航空便の運航を禁止できるとしている。現在のところ、パリ・オルリー空港とボルドー、ナント、リヨンを結ぶ3つの路線のみが禁止路線となる。

パリ・シャルル・ド・ゴール空港からボルドーおよびナントへの路線も、所要時間が2時間半の制限を超えるため、措置の対象から除外された。また、欧州委員会は、フランス政府が提案していた、複数都市を経由する国際線の一部である国内線に適用される禁止措置の適用除外を削除した。欧州委員会は、今回の措置は3年間だけ継続し、2年後に見直すべきであると述べている。

環境保護団体も欧州委員会の承認に感化されたが、フランスは交通機関の脱炭素化のためにもっと多くのことをしなければならないと強調した。これは、フランスの炭素排出量削減のための提案を行う市民会議である「気候に関する市民会議」が提案したフライト禁止の当初のアイデアであった。しかし、フランスの一部地域とオランダ系航空会社エールフランスKLMの反対により、その範囲は狭められた。

【参照ページ】
(原文)French short-haul flight ban is legal, rules EU Commission in blow to airline lobby
(日本語参考訳)EU、フランスの短距離路線飛行禁止を承認

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る