シュナイダーエレクトリック、気候コンサルタントファームのエコアクトを買収

11月2日、エネルギーおよびオートメーション・デジタル・ソリューション・プロバイダーであるシュナイダーエレクトリックは、気候コンサルティングおよびネット・ゼロ・ソリューション・プロバイダーであるエコアクトの買収を発表した。

2006年に設立され、フランス・パリを拠点とするエコアクトは、企業が気候や炭素に関連する課題に対応し、積極的な変化を実施できるよう支援するサービスとソリューションを提供する一方、商業的パフォーマンスを推進している。同社は、360人以上の気候、炭素、エネルギーに特化した専門家を擁し、コンサルティング、気候データツール、カーボン・オフセット・プロジェクト開発など、ネット・ゼロおよび自然ベースの製品とサービスのポートフォリオを提供している。

エコアクトは2020年にデジタルソリューションプロバイダーのアトスに買収され、シュナイダーエレクトリックは2023年7月にアトスと買収交渉に入ったと発表。シュナイダーエレクトリックは、本買収によりグローバルなサステナビリティ事業を拡大・加速し、エンドツーエンドのネットゼロ変革ソリューションを提供できるようになると述べている。

シュナイダーエレクトリックのサステナビリティ事業は、エネルギー管理、エネルギー効率、再生可能エネルギー、環境商品調達、サステナビリティ・ネット・ゼロ・コンサルティング、気候変動リスク、サステナビリティ・コミュニケーション、レポーティング&ディスクロージャーなどの分野でアドバイザリーサービスを提供している。

【参照ページ】
(原文)Schneider Electric finalizes acquisition of EcoAct
(日本語参考訳)シュナイダーエレクトリック、気候コンサルタントファームのエコアクトを買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る