エネルギー企業Occidental、最大30億トンの炭素貯留を可能に

 

10月31日、国際的なエネルギー企業であるOccidental (Oxy)、同社の炭素回収・利用・隔離プラットフォーム子会社である1PointFive、農業生産・資源管理会社のKing Ranchは、計画中の直接大気回収(DAC)プロジェクトによるCO2の大量貯蔵を支援する新しいリース契約を締結したと発表した。

本契約により、テキサス州クレバーグ郡にある10万6,000エーカーの土地を利用できるようになり、年間最大3,000万トンのCO2を除去し、最大30億トンのCO2を地中貯留することが可能になる。

本契約は、Oxyと 1PointFiveが8月に発表した、テキサス州パーミアン・ベースンにおける世界最大のDACプラントの建設計画に続くもの。同プラントは、建設開始時には年間最大50万トンの二酸化炭素を回収する能力を有し、最大100万トンまで拡張可能だという。

【関連記事】Occidental、世界最大規模のDACプラントの建設を計画

両社によると、本合意により、リースした土地に最大30基のDACプラントを設置する。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接二酸化炭素を抽出し、原料としての使用、または貯蔵と組み合わせて永久に除去する。今年初めに発表されたIPCCの気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法は今後数十年にわたって年間数十億トンにまで拡大し、DACはその大部分を占める可能性がある。

Oxyの最初のDACプラントは、テキサス州パーミアン・ベースンにあり、現在建設中である。

【参照ページ】
(原文)Occidental and 1PointFive, King Ranch Reach Lease Agreement to Support up
(日本語訳)Oxy、最大30億トンの炭素貯留が可能な土地を確保

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る