ドイツで初の100%水素エネルギーによる旅客列車路線が運行開始

ドイツで初の100%水素エネルギーによる旅客列車路線が運行開始

8月24日、鉄道輸送メーカーのAlstomは、同社の水素列車「Coradia iLint」が、世界初の100%水素で走る旅客列車路線で使用されていることを発表した。当列車は、ドイツのエルベ・ヴェーザー鉄道(evb)が運行会社LNVGの委託を受けて運行しており、排出するのは蒸気と凝縮水のみだ。

同水素列車は、既存のディーゼルエンジン駆動の列車を置き換えることを目的としている。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられており、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーソリューションが実用的でない、排出量の削減が困難なセクターにおいて重要な役割を担っている。Alstomによると、1キログラムの水素は約4.5リットルのディーゼル燃料に取って代わり、環境への負荷を大幅に軽減できる。

Coradia iLintは、世界で初めて水素燃料電池で電気エネルギーを生成して推進する旅客列車だ。同車両は、クリーンなエネルギー変換、バッテリーへの柔軟なエネルギー貯蔵、動力と利用可能なエネルギーのインテリジェントな管理機能を備えている。evbのネットワークでは、列車は80~120km/hの速度で走行し、最高速度は140km/hに達する。

ガス・エンジニアリング企業Lindeの水素充填システムが14台の旅客列車に燃料を供給し、1回の燃料補給で各列車が1,000kmの無公害走行を可能にする。同システムは、1日あたり約1,600kgの水素を供給でき、現場でのグリーン水素生成も可能なように設計されている。

【参照ページ】
(原文)World premiere: 14 Coradia iLint to start passenger service on first 100% hydrogen operated route
(日本語訳)ワールドプレミア:14 Coradia iLint、初の100%水素運航路線で旅客サービスを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る