NZIF 2.0: 最新ネット・ゼロ投資家ガイダンスの発表

6月24日、最新かつ包括的なネット・ゼロ投資家ガイダンス「NZIF 2.0」が発表された。本ガイダンスは、過去3年間の実践経験に基づき、複数のアセットクラスに関する更新やターゲットとなる用語や基準の一部改訂が行われている。NZIF 2.0は、AIGCC、Ceres、IGCC、IIGCCが招集した追加的な支援や最新の考え方であり、投資家がネット・ゼロ目標を運用し進捗させる際に役立つリソースとなっている。

新たなフレームワークは、200を超える投資家との広範な協議を経て策定されており、ファイナンスド・エミッションやアセットクラスごとのガイダンスに関する重要な更新が含まれています。

NZIF 2.0では、ファイナンスド・エミッションの削減ではなく、削減された排出量への融資に重点を置く姿勢が明確に示されている。また、ソブリン・ボンド、不動産、プライベート・デットなどに関する新たなガイダンスや、上場株式と企業債券の新しい排出量パフォーマンス基準、ネット・ゼロ・キャッシュ・マネジメントをサポートするためのガイダンスが追加された。

NZIF 2.0は、3年間の実施から収集された投資家のベスト・プラクティスを要約し、投資家が選択できる40以上の潜在的な行動に変換している。これにより、投資家はリスクとリターンを検討しやすくなり、情報がよりアクセスしやすく、直感的で首尾一貫したものとなっている。

【参照ページ】
(原文)Updated Net Zero Investment Framework, the most widely used net zero guidance by investors, published as ‘NZIF 2.0’
(日本語参考訳)投資家に最も広く利用されているネット・ゼロ・ガイダンスである「ネット・ゼロ投資フレームワーク」を更新し、「NZIF 2.0」として発表。

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る