サーキュラー・エコノミーのスタートアップDePolyが1,400万ドルを調達

6月27日、ケミカルリサイクルのスタートアップDePolyは、繊維や消費者包装などの用途に使用されるプラスチックのリサイクルの課題に取り組む同社のソリューションの規模拡大を支援するため、シード資金調達ラウンドで1,230万スイスフラン(約20億円)を調達したと発表した。

共同設立者のサマンサ・アンダーソン最高経営責任者(CEO)、バルディヤ・ヴァリザデ最高技術責任者(CTO)、クリストファー・アイルランド最高技術責任者(CSO)により2020年に設立されたDePolyは、消費者および産業廃棄物後のプラスチックストリームを主原料成分に変換する化学リサイクルプロセスを提供し、複雑なプラスチックストリームの選別・分離・洗浄に伴う高コストや困難さなど、プラスチックのリサイクルを妨げる課題の解決に貢献している。

本技術は、すべてのPETとポリエステル繊維を原料成分に戻すもので、予備洗浄・予備選別・予備溶解・他のプラスチックや材料の分離を必要とせず、室温と標準圧力で作動する。本プロセスから得られる原材料は、新しいバージン品質のプラスチック製品を作るために販売することができる。

同社は現在、複雑なPETやポリエステル・プラスチックの流れを処理する年間50トンのパイロット・プラントを運営しており、商業規模の能力を満たすために年間500トンの能力を持つ新しいショーケース・プラントも建設中である。

【参照ページ】
(原文)Press Release: Deep tech DePoly SA rethinks recycling as it strikes CHF 12.3m seed round to scale its unique recycling technology for plastics
(日本語訳)サーキュラー・エコノミーのスタートアップDePolyが1,400万ドルを調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る