環境保護団体Global Witness、ShellのグリーンウォッシュをSECに提訴

気候変動グループがShellのグリーンウォッシュをSECに提訴

2月1日、気候・環境保護団体Global Witnessは、エネルギー大手Shellが再生可能エネルギーへの投資額についてグリーンウォッシュを行っているとして、米証券取引委員会(SEC)に提訴したことを発表した。

Global WitnessによるとShellは、ガス関連投資の一部を再生可能エネルギーへの投資と一緒にすることで、再生可能エネルギー源への投資全体を膨らませ、グリーンウォッシュを行っているとのことだ。

Shellは2020年に、2050年までに事業におけるネット・ゼロを達成するというコミットメントを発表し、2021年には「Powering Progress」戦略を打ち出し、2050年までにスコープ1、2、3の排出量全体でネット・ゼロのエネルギー事業となるという目標を達成する方法を詳述し、再生可能エネルギーやクリーンエネルギーソリューションへの投資を含むイニシアティブをとっている。

Shellの年次報告書には、風力や太陽光による発電、電力貯蔵の提供、ガスや電力のマーケティングと取引、商業・産業・小売顧客へのガスや電力の販売、電気自動車充電サービスの提供、デジタル対応ソリューションの顧客への提供など、同部門の活動の概要が記載されている。報告書によると、2021年の Shellの「再生可能エネルギーとエネルギーソリューション」における資本支出は24億ドル(約3,174億円)であるが、 Global Witnessは訴状で、風力発電と太陽光発電に向けられたのは2億8800万ドル(約380億円)に過ぎないと推定している。

【参照ページ】
(原文)Energy giant Shell misleading US authorities, investors and the public by labelling fossil fuels as “renewable”
(日本語参考訳)エネルギー大手Shellが化石燃料を “再生可能 “と表示し、米国当局、投資家、一般市民を欺いている。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る