J.P. Morgan、炭素回収と木材生産を見据え、約660億円を投資

JP Morgan、Timberlandに約660億円を投資、炭素市場の機会を強調

2月1日、J.P. Morgan Asset Managementのオルタナティブ投資部門であるJ.P. Morgan Global Alternativesは、米国南東部の25万エーカー以上の商業用木材地を5億ドル(約660億円)以上で購入し、土地は炭素回収と木材製品の両方を目的に管理すると発表した。

本取引は、2021年にJP Morganが森林管理およびTimberland投資家のCampbell Globalを買収したことに続くもので、当時「J.P. Morgan Asset Managementは、カーボンオフセット市場が発展すれば、その活発な参加者になることを期待している」と述べていた。

J.P. Morganによると、買収した資産は1800万トン以上のCO2換算の貯留量を含み、そのうち50万トン以上は2021年まで保持されるとのことだ。また、J.P. Morganは、この資産は炭素回収に加えて、持続可能な建築製品の需要拡大に対応するための木材生産に使用される予定である。

【参考ページ】
(参考記事)J.P. Morgan Asset Management Adds $500 Million of Southern Timberland
(日本語参考訳)J.P.モルガン・アセット・マネジメントが5億ドルの南部ティンバーランドを追加投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る