スペイン、大手銀行とエネルギー企業の利益に対する特別課税を発表

スペイン、大手銀行とエネルギー企業の利益に対する特別課税を発表

7月18日、スペイン政府はエネルギー部門の超過利益に特別税を導入するだけでなく、大手銀行にも「一時的かつ特別な」税金を課すと発表した。左派少数民族政権はすでに2021年10月にエネルギー企業に対する超過利潤の特別税を承認したが、適用期間は2022年6月までだった。新税は2023年末まで適用される見込みで、その間に合計70億ユーロ(約9,900億円)を生み出し、直接社会支出に充てられるという。

政府は、本資金を用い9月1日から12月31日までの間、スペインのローカル線と中距離線の鉄道利用を無料にし、マドリードに5万戸の公共住宅を建設し、100万人の学生に対する奨学金を100ユーロ(約1.4万円)増額する計画である。

スペイン政府はすでに5月にガス料金に上限を設け、電気料金を大幅に引き下げた。しかし、それだけではインフレがスペイン国民に与える影響を食い止めるには不十分だった。

【参照ページ】
(原文)Pedro Sánchez announces a 100-euro top-up grant and temporary taxes on banks and big energy companies
(日本語訳)ペドロ・サンチェス、100ユーロの上乗せ補助金と銀行および大手エネルギー企業への臨時課税を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る