DOW、ポリエチレンコンパウンドのトレーサビリティと再生材料認定を達成

7月14日、化学メーカーDOWは、消費者使用後のリサイクル資源を豊富に含む樹脂であるREVOLOOが、プラスチックリサイクルのトレーサビリティとリサイクル含有量に関する規格UNE-EN 15343に準拠した認証を受けた最初のポリエチレン(PE)コンパウンドになったと発表した。本認証は、適合性評価におけるスペインのリーダーであるグローバル企業AENORによって与えられ、DOWがヨーロッパで提供する3つのグレードすべてに適用される。

REVOLOOPグレードはDOWのプラスチック循環型ポートフォリオの一部であり、消費者使用後のリサイクル(PCR)材料を高い割合で組み込んでいる。シングルペレットソリューションにより、よりシンプルなPCRプロセスの統合が可能になり、コンバーターやブランドオーナー、持続可能なパッケージング設計者のニーズを満たし、幅広いアプリケーションで使用することができるようになる。高品質で安定した廃棄物の流れへのアクセスを提供し、廃棄物のバリューチェーンにおける信頼性を高める REVOLOOP™ ファミリーの PCR 豊富な樹脂は、DOWの持続可能な製品ポートフォリオを拡大し、プラスチック廃棄物の閉ループシステムの推進を支援する。

本認証を付与するためには、まず消費者使用後のリサイクル材料の原産地を確認する。続いて、認証範囲内の製品の製造において組織が適用している主要工程の分析が行われ、特に製造工程で投与量を固定する装置の管理に重点が置かれる。最後に、製品に含まれる再生材料の割合を決定するために組織が適用している計算プロトコルを監査し、定期的な管理によって、長期にわたって販売される製品が宣言された最小値を効果的に含むように、必要な信頼性を提供していることを確認する。

【参照ページ】
(原文)Accelerating mechanical recycling: Dow becomes first to achieve traceability and recycled content certification for PE compounds
(日本語訳)DOW、PEコンパウンドのトレーサビリティと再生材料認定を達成

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る