穀物プロセッサー大手ADM社、代替タンパク質の生産を拡大

ADM社、代替タンパク質の生産を拡大

4月12日、穀物プロセッサー大手ADM社は、代替タンパク質の需要を開拓するための拡張計画を発表した。ADM社は、イリノイ州ディケーターでの代替タンパク質生産を拡大するために約3億ドル(約400億円)の投資を行う予定。さらに、ディケーターに最新鋭のタンパク質イノベーションセンターを開設し、代替タンパク質の能力を強化する。本センターは技術革新を支援し、顧客のニーズに効率的に対応する。

今回の拡張により、ADM社の代替タンパク質能力は大幅に改善される。代替タンパク質能力の向上により、濃縮大豆タンパク質の生産能力が向上し、ディケーター・コンプレックスの押出能力がほぼ2倍になる。本プロジェクトは、適用されるすべての承認を条件として、2025年第1四半期に締結する見込みだ。生産能力は、トップコントロール技術を含む最新の技術とプロセスを背景に、飛躍的に向上する予定。

プロテイン・イノベーション・センターは、ADM社の食品アプリケーション・センターと動物栄養テクノロジー・センターに加わり、ディケーターにあるイノベーション複合施設をさらに充実させる。本センターは、ADM社が顧客と密接に協力して、優れたサービスを提供するためのカスタムソリューションを構築する能力を拡大することに重点を置くもの。イノベーションセンターは、多様な原材料からサステナブルで効率的な加工、さらにユニークな食感、味、栄養まで、イノベーションを後押しするラボ、テストキッチン、パイロットスケール生産機能を持つことになる。

代替タンパク質の需要は着実に伸びている。食品と栄養ソリューションにおける代替タンパク質は、10%のCAGRを記録。本記録には、代替肉や代替乳製品の売上も含まれ、毎年14%増加し、2030年には125億ドル(約1兆6000億円)に達すると予想される。よって、ADM社の代替タンパク質の生産能力の向上はますます注目を集めている。

【参照ページ】
(原文)ADM – ADM to Meet Fast-Growing Demand For Alternative Proteins with Significant Capacity Expansion, New Innovation Center
(日本語訳)ADM社、代替タンパク質の需要急増に対応するため、生産能力の大幅増強と新イノベーションセンターを設立
(参考記事)Archer Daniels (ADM) Expands Alternative Protein Production
(日本語訳)アーチャー・ダニエルズ(ADM)社、代替タンパク質の生産を拡大

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る