EVバッテリー使用ランキング、パナソニック4位に後退。中国シェア大幅拡大

3月31日、韓国SNEリサーチは2022年1月と2月のEVバッテリー使用に関する世界ランキングを発表した。中国と韓国が大幅に販売量を増加する一方、過去数年3位を維持していたパナソニックをはじめ、多くの日本系企業は順位を下げた。

市場シェア34%のCATLと12%のBYDを筆頭に、多くの中国系企業が市場成長をリードした。パナソニックはシェア11%で4位に転落。日本系企業のほとんどは市場平均に大きく及ばない成長率にとどまった。

中国全体では、56%までシェアを拡大した。LGエナジーソリューション・SK ON・サムスンSDIの成長により、韓国もシェアを拡大するものの、CATLやBYDに加え、新たに9位に浮上したSVLOTにより、中国との差は埋まらなかった。

【参照ページ】
2022년 1~2월 글로벌 전기차용 배터리 사용량 한국계 3사 모두 두 자릿수 이상 성장

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る