EVバッテリー使用ランキング、パナソニック4位に後退。中国シェア大幅拡大

3月31日、韓国SNEリサーチは2022年1月と2月のEVバッテリー使用に関する世界ランキングを発表した。中国と韓国が大幅に販売量を増加する一方、過去数年3位を維持していたパナソニックをはじめ、多くの日本系企業は順位を下げた。

市場シェア34%のCATLと12%のBYDを筆頭に、多くの中国系企業が市場成長をリードした。パナソニックはシェア11%で4位に転落。日本系企業のほとんどは市場平均に大きく及ばない成長率にとどまった。

中国全体では、56%までシェアを拡大した。LGエナジーソリューション・SK ON・サムスンSDIの成長により、韓国もシェアを拡大するものの、CATLやBYDに加え、新たに9位に浮上したSVLOTにより、中国との差は埋まらなかった。

【参照ページ】
2022년 1~2월 글로벌 전기차용 배터리 사용량 한국계 3사 모두 두 자릿수 이상 성장

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る