エネルギー大手シェルとBYD、パートナーシップ締結。EV充電に注力

3月24日、エネルギー大手シェルはEVトップクラスの中国BYDとの間で、EV分野における戦略的パートナーシップを締結した。BYDのバッテリー式電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)推進が目的である。中国と欧州市場に続き、世界規模での関係拡大を図る。

シェルとBYDは、欧州モビリティ・サービス・プロバイダー(MSP)パートナーシップを締結。BYDのBEVおよびPHEV顧客に対し、シェルローミングネットワークを介して275,000か所の充電ポイントへのメンバーシップ・アクセスを提供する。また、ヨーロッパのBYDの顧客向けにフリート・ソリューションとデポ充電サービスも共同で開発する。

さらに両社はV2G(Vehicle-to-Grid)充電などを始めとした、家庭用エネルギーソリューションを世界中さまざまな地域で提供。

欧州での社用車のカーボンニュートラル化を目的とした「Accelerate to Zero(A2Z)」プログラムでも連携し、顧客にプログラムへの参加を呼びかけ、ヨーロッパでの二酸化炭素排出量削減およびネット・ゼロを目指す。

中国ではEV充電ネットワーク開発を目的とした、合弁会社を設立予定。深センで10,000以上の充電ポイントを設置予定であり、その後、中国全域に拡大する計画。

【参照ページ】
(原文)SHELL AND BYD PARTNER ON EV CHARGING ACROSS CHINA AND EUROPE
BYD DISCONTINUES GAS-ONLY AUTO LINE TO FOCUS ON PHEV AND PURE ELECTRIC TECH
(日本語訳)中国とヨーロッパでのEV充電に関して、シェルとBYD、パートナーシップ締結
BYD、PHEVや純電気技術に注力。ガスのみの自動車ラインを廃止。

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る