テラジア、バイオ燃料生産技術向上のため約9億円を調達

クリーンテック新興企業テラジア、バイオ燃料生産技術向上のため約9億円を調達

3月28日、クリーンテック新興企業のテラジア・バイオフューエルは、シード資金調達ラウンドで600万ドル(約9億円)を調達したと発表した。この資金は、バイオマスをエタノールやその他の製品に変換する生物学に基づくアプローチを成長させ、商業化するために使用される。

2022年にニューハンプシャー州に設立されたテラジアは、セルロース系バイオマスから持続可能な燃料を生産する技術を開発している。同社のソリューションは、好熱性微生物を用いてバイオマスをエタノールに変換するもので、酵素の添加や熱化学的前処理を用いる従来のプロセスに取って代わる。この技術は、航空、海上輸送、長距離トラック輸送など、電化が困難な輸送手段用の燃料を製造する。

テラジアはまた、クリスティン・ブリーフが最高経営責任者に就任し、最高技術責任者に移行した共同設立者のリー・リンド、取締役会議長のビル・ブレイディ、技術開発担当副社長のクリス・ヘリングが加わったことも発表した。

ブリーフは以前、ブレークスルー・エナジーのビジネス・フェローを務め、それ以前はヴァイレックス・ヘルスの共同設立者兼最高執行責任者を務めた。

今回の資金調達ラウンドは、Engine VenturesとEnergy Impact Partnersが主導した。

ダートマス大学およびカンピーナス大学との提携により、テラジアの技術開発は、エネルギー省バイオエネルギー革新センターおよびサンパウロ研究財団からの資金援助、米国農務省および全米科学財団からの助成金によっても支えられている。同社によると、同社の技術は年間3ギガトンのCO2排出を代替すると予測されている。

【参照ページ】
(原文)Terragia Secures $6M to Develop Cost-Competitive, Low-Carbon Biofuel Technology
(日本語参考訳)テラジア社、コスト競争力のある低炭素バイオ燃料技術の開発に600万ドルを獲得

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る